従業員を雇い過ぎない

従業員の数の分だけ人件費の負担が大きくなる

会社経営をする際は材料費や広告費、光熱費といった費用がかかってしまうので、できるだけ節約する必要があります。また、人件費も費用の中では負担の割合が大きいことから、節約を意識しましょう。人件費の負担は従業員の数が多いほど大きくなってしまうため、雇い過ぎないように工夫すべきです。すると、毎月の給料やボーナス、社会保険料といった負担を減らせるようになり、事業資金を節約して利益を増やせます。従業員の数は多ければ1人が担当する仕事量を少なくしたり、残業せず定時で帰宅したりといったメリットがあります。ただ、仕事量に釣り合わない従業員数で経営する場合は、過剰になってしまうのでもったいないです。ですから、できるだけ少ない人数での経営を目指しましょう。

効率化を図って適切な従業員数を決める

適切な従業員数を決めるには効率化を図ることが大事です。たとえば、これまで複数人で対応していた仕事で1人や2人の従業員を減らして対応できるかどうかを確認します。仕事量が落ちたり、従業員のモチベーションが下がったりするなら別の方法を試すべきですが、仕事量や従業員のモチベーションに変化が見られない場合は、減らしても問題なしということで継続して効率化を図りましょう。すると、これまでよりも従業員の数を減らして事業資金を節約できます。逆に数を減らしたことによって仕事量や従業員のモチベーションが大幅に下がってしまった際は、適切な効率化の方法ではない可能性が高いので、無理に継続するのは控えて一度以前の状態に戻します。状況が落ち着いた段階で別の方法を試す機会を設けましょう。